パブリックトイレレポート/視覚障がい者配慮2

男性視覚障がい者の小便器利用の実態や、操作ボタン位置の規格化について報告いたします。

パブリックトイレレポート/視覚障がい者配慮2(全2ページ)

Vol.3:男性視覚障がい者にとっては”小便器探し”もバリアの一つ

男性用トイレの場合、小便器がオープンなスペースに配置されているため、位置を把握したり、立ち位置を見つけるのが難しいという声が多くありました。男性視覚障がい者の小便器利用の実態についてレポートします。

vol.4:洗浄方式の多様化で求められる「操作ボタン位置の規格化」

近年、パブリックトイレもセンサー式洗浄や自動洗浄といった”高機能化”が進みました。しかし、洗浄方式の多様化や操作の複雑化によって戸惑う視覚障がい者も少なくありません。この課題の解決策として、「操作ボタンの位置の規格化」が重要なポイントになります。

 

関連情報

パブリックトイレレポート/視覚障がい者配慮1(全2ページ)
パブリックトイレに求められる視覚障がい者への配慮や視覚障がい者がトイレを探す方法についてレポート。
レポートはこちら
 

LIXILユニバーサルデザイン/空間の研究・開発
公共トイレに関するLIXILの取り組みと、JIS S 0026 高齢者・障害者配慮設計指針をご紹介。
詳細はこちら
 

 

トイレ施工事例のご紹介
施工事例も多数ご用意しています。
施工事例はこちら

分類:調査レポート
出典元:視覚障がい者のパブリックトイレ利用実態調査2018 LIXIL
公開日:2018年07月30日